フィンペシアと前立腺がんの危険性を4つのポイントで解説

フィンペシアの用法用量を破ると前立腺がんのリスクが上がる

フィンペシアと前立腺がんの危険性_001

フィンペシアは、効果的な薬であるだけに、その反面、危険な副作用も伴います。
有効性を正しく安全に得るためには、推奨されている用法用量を守ることが欠かせないのです。

また、前立腺がんのリスクが高まるほどの間違った使用を行うケースは「稀」と言えます。

なぜなら、研究では正しい量の5倍を服用し続けて、はじめてわずかに危険性が高まると言われている程度であるためです。

最初にしっかりと説明書を読んでさえおけば、間違って飲み過ぎてしまうと言ったケースは防ぐことができます。

正しい知識を得た上で、使い始めるようにして下さい。

フィンペシアを使用して前立腺がんの危険性を回避するには

上述に挙げた深刻な副作用である前立腺がんを防ぐためには、1回に使用する量を守ることが欠かせません。

米国の研究機関が行った調査では、承認用量の5倍以上に及ぶ量を摂取し続けた際、発症率が高まると言う結果が発表されています。

フィンペシアの正しい摂取量は、1日1回1錠です。また、一度に多く摂取したからと言って、育毛効果が高まる訳でもありません。

 

フィンペシアと前立腺がんの関連性について

フィンペシアと前立腺がんの危険性2_001

フィンペシアは、育毛効果に高いプロペシアのジェネリック医薬品として、インドの製薬会社が展開する商品です。
効能はそのままに、比較的安い値段で手に入れられるとあって、日本国内他、世界中の薄毛で悩みを抱える人から注目を集めています。

しかし、有効性の高い成分、フィナステリドを含有するだけに、摂取法によっては副作用の危険性も伴ってしまうため、注意が必要です。

前立腺がんは、その中でも特に危険性の高い、命にも関わる病気です。注意点を守り、正しく使用するようにしましょう。

フィンペシアは「絶対」正しく使いましょう!

フィンペシアに添えられる説明書に記載された正しい用量は、1回1錠です。
これは、錠剤一つごとに有効成分フィナステリドが1ミリグラム含まれているからです。
この量こそが薄毛に安全性のもと効果を発揮する数字です。
早く改善に近付けたいからと言って、より多くの分量を摂取してはいけません。

なぜなら、多量摂取により、致死率の高い症状である、前立腺がん発症リスクがわずかながら高まるからです。

もちろん、他にも危惧される症状はいくつか存在します。
他の医薬品においてもそうですが、やはり体内に入れる薬品である以上、用法用量の厳守は欠かせないのです。

 

1.フィンペシアの命に関わる副作用
    • 前立腺がん
      言わずと知れた、日本人の死因になりやすい病気として広く認知されている、がんの一種です。
    • 男性機能の低下
      有効成分には男性ホルモンを抑制する作用があるため、決められた分量以上に摂取することで、危険性が高まります。

その他、ホルモン関係においては、乳頭の肥大、乳汁分泌などもあります。
症状の重さはさまざまですが、いずれにおいても、用法用量を正しく守っておくに越したことはありません。

 

2.フィンペシアを正しく使用して前立腺がんを防ぐ

フィンペシアを服用して前立腺がんを防ぐには、1日1錠剤以上の摂取を行わないことが重要です。
1錠に含有されるフィナステリドは、1ミリグラムです。
1錠以上の服用は、正しい用量のもと使用を続けた人に比べ、発症リスクが高まると言う研究結果がアメリカの調査機関において発表されています。

 

3.フィンペシアの副作用と間違えやすい症状に注意

また同時に気を付けたいのが、初期脱毛についてです。
フィンペシアの利用を始めると、初回に限り髪が抜け落ちてしまうと言った特徴的な症状が見られます。

 

4.フィンペシアは1日1錠!過剰摂取を行ってはいけません!

そもそもこれは副作用ではなく、フィンペシア特有の初期症状です。
最初に一定の脱毛があった後に育毛効果が促されると言った形こそ、正常な働きなので、焦る必要はないのです。

 

フィンペシアによる副作用の危険性

フィンペシアは、プロペシア同様の育毛効果を比較的手軽な価格で手に入れることのできる、ジェネリック医薬品です。

有効成分フィナステリドの効き目によって、一定期間継続服用することにより、発毛の効果に繋げることができます。

しかし、副作用には注意しなくてはなりません。
特に注意すべき存在であるのが、前立腺がんです。

致死率の高い症状であるため、用法用量をしっかり守った上で活用しなくてはなりません。

 

1日1mgの摂取で前立腺がん発症リスクが押さえられる理由

フィンペシアのベースとなっている育毛剤、プロペシアは、確かな研究を重ねた上で製品化され、発毛医薬品としての承認を受けています。

もちろんその面においては、有効性だけでなく、副作用の危険性回避においても追求がなされています。

そのため、ジェネリック製品として再販されているフィンペシアにおいて推奨されている用量も、プロペシア研究で導かれた安全性の高い数字であると言えます。

 

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

 

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る