フィンペシアは生え際にも効果あり!

ジェネリックは効果が無いの?

男性型脱毛症(AGA)はその原因が医学的に解明されており、治療薬も開発されています。AGAは生え際や頭頂部から抜け毛が起こり始めるのが特長。

薬の代表例としてはプロペシアが有名で、これを長期間継続して服用することにより治療が可能となっております。

また、プロペシアと同成分が含まれているジェネリック医薬品にフィンペシアがありますが、こちらもジェネリックだから効果は薄いということはなく、同様の高い育毛効用を持っています。

しかし、最近では薬を飲んでも効果が得られないということが噂されています。

これらの治療薬は本当に育毛効果が無いのでしょうか。

効果を得る前にやめてしまっている

dl776353プロペシアやフィンペシアは様々な研究により効果が証明されています。特に注目したいのは国内で行われた臨床試験の結果です。

結果は1年間の投与により58%もの人が抜け毛を改善するに至ったというものです。

また2年間投与、3年間投与の場合もデータが取られており、プロペシアを投与し続けることによって抜け毛の問題を解消された人が多くなっていることもわかっています。

この他にも改善までは至らなかったにしろ、現状維持の効果は98%という数値をたたき出していることから、服用すれば無意味に終わることはそうそう無いということが分かります。

1度服用すればそれだけで効果を得られる薬ではありませんので、服用を続けながら様子を見なければなりません。

AGAの治療薬です

抜け毛の原因は人によって異なります。ストレスが原因で薄毛化が始まっている人もいますし、男性型脱毛症になって抜け毛が始まっている人、生活習慣が乱れてしまっていることが原因で禿げ始めている人もいます。

プロペシアやフィンペシアはあくまで男性型脱毛症の方にだけ効果を発揮する治療薬ですので、その点はわきまえなければなりません。

AGAの兆候としては、前頭部の生え際の抜け毛や頭部の薄毛化が挙げられます。一時期、生え際の抜け毛にプロペシアは効果が無いと言われていたこともありましたが、そんなことはありません。

プロペシアはどちらのケースでも治療効果を発揮することになります。

AGAのメカニズムは、毛髪の根元にある毛根にて分泌されている2型5αリダクターゼという物質が男性ホルモンと結びついてしまうことで、発毛休止の働きをしてしまうというものです。

プロペシアやフィンペシアに含まれているフィナステリドという成分は、2型5αリダクターゼの発生を抑える働きを持っており、したがって服用することでAGAが改善されるのです。

効率的な服用方法

毛根部では1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼが発生しています。このどちらの成分も男性ホルモンと結びついてしまうと新たな毛を作らなくなってしまいます。

フィナステリドは2型に効く成分ですので、もし服用し続けても効果が得られない場合には、1型5αリダクターゼの発生も抑える必要があります。

そこで登場するのがデュタステリドです。

デュタステリドの効果と副作用

phm06_0454-sこの成分は1型、2型を問わず効果を発揮し、また強さもフィナステリドの3倍程の効力を持っています。しかし副作用のリスクがあることも忘れてはいけません。

フィナステリドと同様、性欲の減退などの副作用があると共に、耐性が付いてしまう点にも注意したいところです。

体がデュタステリドの力に耐性を持ってしまうと、より多く摂取しなければ効果を得られなくなってしまいます。

そして摂取をやめた時には以前よりも薄毛化が進んでしまうこともあります。デュタステリドの服用を考えている際にはこれらのリスクもしっかりと把握しなければなりません。

フィンペシアで様子見

デュタステリドは効果が強い分、副作用も無視できないレベルであるため、始めはやはりフィンペシアで様子を見るのがお勧めです。

少なくとも現状を維持する効果が発揮されることは証明されていますので、実感が無くても効果はあります。

また継続して服用することにより実感できるほどにまで効果が発揮されるケースも多々ありますので、最低でも半年程度は飲み続けて様子を窺う必要があります。

生え際への効果

額が広くなっていくような薄毛化はAGAの兆候です。プロペシアとフィンペシアは勿論このような症状にも効果があります。

専門家と相談した上で服用してみてはいかがでしょうか。

また、薬の効果を発揮しやすい環境を整えておくことも重要です。食生活に乱れが無いか、睡眠時間はしっかり取っているかなど、生活習慣を一から見直してみると良いでしょう。

服用方法でも効果に差が出ます

フィンペシアはどのように服用するかによっても得られる効果に差が出てきます。1日1回1錠だけ服用すれば良いとされていますが、1日目は夜に、2日目は朝に服用してしまうと、体内に廻るフィナステリドの量に差ができてしまいますので、効果が得にくいです。

服用するタイミングは1つに定めるのがポイントです。

AGAは治療可能です

男性型脱毛症はプロペシアやフィンペシアなどの治療薬を上手に活用すれば治療可能です。生え際には効果が無いという噂も信じる必要はありません。

使用し続けることで効果はどんどん出るようになりますので、まずは半年間継続して服用してみることをお勧めします。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、 業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る