フィンペシアの腎臓への副作用は?

AGA治療に欠かせない薬ですが…

imasia_5765117_M
男性型脱毛症を治療する際には必ず服用することになるプロペシアは肝臓に負担がかかってしまったり、性欲が減退してしまったりすることでも有名です。

しかしそれだけの副作用があったとしても髪のためならばと服用する人が多いのも事実です。

実際には薬の副作用が発生してしまうかどうかは人によって異なりますので、自分には起きないだろうと考えて服用を始める人もいることでしょう。

この副作用はプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアにも共通しています。

現在では価格の安いフィンペシアを選ぶ人も増えてきていますので、プロペシアと同様の副作用が出てしまうことも知られ始めています。

プロペシアの副作用とは

プロペシアは医学的根拠に基づいて作られている男性型脱毛症の治療薬ですが、毛髪を生やすという効果を得られると同時に副作用も発生してしまうことが知られています。肝臓機能の低下と性欲の減退です。

これらの副作用はプロペシアに含まれるフィナステリドによって引き起こされてしまいますので、同成分が含まれているジェネリック医薬品のフィンペシアにも同じ副作用が発生してしまいます。

そのためどちらを服用するにしても、もともと肝臓が弱い方は服用の仕方を少し注意しなければならないのです。

なぜ副作用が起きてしまうのか

プロペシアやフィンペシアに含まれるフィナステリドが毛髪の再生に効果があるとされているのは、毛髪が抜け落ちてしまう原因にあります。

抜け毛が発生する原因のジヒドロテストロンという成分は、毛根にある5αリダクターゼと男性ホルモンが結びついてしまうことによって発生してしまいます。

フィナステリドは原因である5αリダクターゼを抑える効果があると言われており、原因となるジヒドロテストロンが発生しなくなるとされています。

しかしフィナステリドはこの利点と共に、男性ホルモンの分泌量にも影響を出すという欠点も持ち合わせています。

男性ホルモンは性欲に関係する重要な成分ですので、これも一緒に抑えられてしまうと結果的に性欲も減退してしまうのです。したがってプロペシアやフィンペシアの服用を考えている際には副作用という点も無視してはなりません。

腎臓機能の低下が指摘されていますが…

imasia_12456671_M

プロペシアは肝臓機能の低下や性欲の減退などと共に、腎臓機能の低下が指摘されていますが、これは関係がありません。

それはプロペシアの添付書を見ても明らかです。

これは数々の実験によって明確に証明されていることですので、その点は配慮無用でしょう。

腎臓が悪い人は抜け毛が多い?

昔から腎臓が悪い人ほどハゲになりやすいと言われていますが、これには根拠があります。

腎臓は血液中の汚染物質を排泄させるための器官ですが、腎臓の機能が低下してしまうと汚れている血液を浄化することができなくなってしまいます。

すると体内には浄化されないままのドロドロな血液が廻ることになってしまいます。

ドロドロな血は血行を悪くしてしまい、頭部にまで栄養を上手に運ぶことができません。これにより薄毛化が進んでしまったり、白髪が増えてしまったりしてしまいます。

そもそも腎臓が悪い人に薄毛化が進んでいる人が多いのであれば、プロペシアによって腎臓が悪くなってしまったと勘違いしてしまうのも頷けます。

しかし実際のところはそのような副作用は認められておりませんので安心して使用できます。

副作用は軽微なもの?

副作用について少し誇大した表現をしてしまいましたが、実はこれも軽微なものです。

肝臓機能が低下するという副作用は勿論医学的根拠があり、実際に副作用が出てしまっている方もおりますが、副作用が出ていると言っても被害は非常に小さいです。プロペシアを服用することによってほんの少し肝臓機能が低下することはあっても、重度の肝機能障害になることはありません。

そういったリスクもある、という程度に考えるのが妥当でしょう。

効率的に服用するコツ

プロペシアやフィンペシアは1日に1回1錠の服用で育毛効果が得られるとされています。

それもどの時間帯に服用しても問題無いとされていますが、効率的に育毛効果を得るためには服用の仕方にコツがあります。それは決まった時間に服用するということです。

男性型脱毛症を治療する際に大事なことは、有効成分であるフィナステリドを常時体内に廻らせるということです。

服用するタイミングにばらつきがあると、フィナステリドの濃度が高い時もあったり低い時もあったりとばらつきが出てしまい、効率的に治療が行えません。

したがって毎日自分が決めた時間に服用することが大切なのです。

腎臓とプロペシアの関係

数々の実験により世に送り出されたプロペシアですが、腎臓機能の低下との関連性は無いことが証明されています。

この研究結果はプロペシアと同じ成分で作られているフィンペシアについても同様ですので、副作用として注意すべきは肝臓機能の低下と性欲減退のみであると言えるでしょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る