日本国内でのフィンペシアの購入方法は?

日本でフィンペシアは購入・処方できません

4e9637380d0a4e630e7de35f4be1a4e4_s日本ではプロペシアしか入手できません。しかしながら高価であるため、なかなか手が出せないというのが実情です。

また、フィンペシアを国内で購入することはできない上に医師から処方してもらうことも不可能です。

ですが、プロペシアと同じ育毛効果を期待できながら安価なので、どうせならフィンペシアを利用したいものです。

日本に住んでいる以上フィンペシアを利用することはできないのでしょうか?

フィンペシアは個人輸入しよう

フィンペシアを国内で利用する方法は1つ。個人輸入です。以前はネットで購入することもできましたが、法律の改正で医薬品のネット購入に規制がかかり、ネット購入は不可能になったのです。

個人輸入と聞くと、大掛かりなイメージを持ちやすいですが、現在は個人輸入を代理してくれるサービスがあります。

費用と薬代を合わせてもプロペシアより安くすみますので、敬遠する必要はありません。

利用者全員が個人輸入で購入している

国内でフィンペシアを利用している人は、以外と多いのです。その方々は全員個人輸入により入手しています。

また、そのほとんどの方が個人輸入代行業者に購入を依頼しています。

ここで注意しなければならないのが、個人輸入代行業者の選定です。個人輸入には保障も何もありません。国内には代行業者が数多く存在し、中には悪質な商売を行う業者も存在します。

そのため、信頼できる業者を探すことが一番大事な作業となります。現在では個人輸入代行が珍しいものではないので、多くの人が利用しています。

その利用している人たちの声・評価などを参考にするのもいいでしょう。

フィンペシアの購入方法を要約

これまでの説明を要約すると、以下のようになります。

  • フィンペシアを利用するには個人輸入しか方法がない。
  • 利用者全員が個人輸入を行っている。
  • 個人輸入には代行してくれる業者がいる。
  • 代行業者は信頼できる業者を選ぶ。
  • フィンペシアの利用はあくまでも個人の責任である。

どれも大事な点ですが、特に一番下の「利用は個人責任」ということはしっかりと確認・理解してください。

この点を理解した上で次に重要なのが、信頼できる代行業者を探すという作業です。徹底的に調べるのは大変かもしれませんが、それは自分自身を守ることでもあるのです。

また、一度調べれば、2回目以降の利用からは省略できる作業です。

個人輸入で利用する薬の責任は利用者にあります

dl8765893フィンペシアは日本で販売されていません。このことを必ず理解しておいてください。薬を個人輸入するのも、利用するのも、利用者にすべての責任があります。

何か起きたときには誰も、どこも保障してくれないのです。

そのため、利用するにあたっては事前に調べ、どのような副作用があるのかどうか。また、用法・用量や使用上の注意に関してもしっかりと確認しましょう。

さらに、現在他の薬を飲んでいる場合は医師や薬剤師に確認することも自分自身を守る手段です。

代行業者の選び方

世界で流通している医薬品の1割ほどは偽物が出回っていると言われています。これは世界保健機関・WHOからも注意喚起されており、深刻な問題となっています。

自分が利用するときに限ってそんなことある訳ないと安易な考えで利用すると痛い目にあうかもしれません。

そのため、先ほども述べたように信頼できる代行業者を選ぶ必要があるのです。代行業者が悪質でなかったとしても、偽物の薬を仕入れてしまうこともあるのです。

ここで代行業者を選ぶポイントとして、「成分の確認を行っているか?」という点です。ただ、単に成分の確認を行っていますと謳っているだけではなく、確認を行った上で、HPなどでその成分を公表しているかどうかが重要ポイントです。

その他にも業者の実績や決済方法なども代行業者を選ぶ上で基準となってくるでしょう。

使用後の対応

フィンペシアを利用するにあたり、少しでも違和感などを抱いたらすぐにでも服用を止めましょう。すでに述べたように副作用が出たからといって保障してくれる機関はありません。

そのため、自分自身で管理する必要性があります。

しかし、ほぼ同成分である先発医薬品・プロペシアは日本で発売されており、フィンペシアと同じ主成分・フィナステリドには併用禁止薬が指定されていません。

プロペシアは国内の公的機関でも承認されているのも事実です。

不安材料を解消した上での購入を!

購入するにあたって、一番最初は大変かもしれません。信頼できる業者の選定は特に労力がいるでしょう。

しかし、これは薬の効果を得る上でも重要なことです。正規品でなければ効果は期待できませんし、仮に正規品であっても不安なまま服用したのでは意味がないでしょう。

”病は気から”というように”薬も気から”です。本末転倒のように思いますが、薬の効果を得るには不安材料を取り除くことも重要な作業であるといえます。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る