フィンペシアの効果・効能を比較しAGA対策

フィンペシアのメリットとは?

日本では、先発医薬品・プロペシアの販売・処方のみ行われています。しかし、個人輸入してまで利用する人は後を絶ちません。

少なくなるどころか増える一方です。では、フィンペシアが具体的にどのような効能があるのか?

また、プロペシアと比べたときのフィンペシアのメリットは何なのでしょうか?

フィナステリドの作用目的

phm06_0437-sフィンペシアの主成分であるフィナステリドは、プロペシアの主成分でもあります。つまり同じ成分を主としています。

フィナステリドは90年代前半からアメリカで開発された薬品で、本来は前立腺肥大症などの改善を目的としていました。

その後、実際に利用されるようになったのですが、患者の中に脱毛症が改善されたという報告が上がったのです。

これをキッカケにAGAの改善を目的とした開発がされ、販売。今に至ります。

フィナステリドの作用順序

身体の中には2型5-α還元酵素という成分があり、これは男性ホルモンの一種をDHT(ジヒドロテストステロン)に換える仕組みを持っています。

変換されたDHTはAGAの最大原因と言われており、この成分が毛乳頭細胞内部の受容体と結合することで、皮脂を過剰分泌、毛穴を塞ぎ、毛髪の成長を止めるとされています。

つまり、ハゲの原因ということです。

フィナステリドは、このDHTに働きかけるのです。DHTの生成を阻止して毛髪の成長を従来通りに行わせることで治療します。

AGAの治療で最初に行わなければならないのが、脱毛の進行を防ぐということです。実験では、利用者の98%に脱毛の進行を防ぐ効果が3年間見られており、その後毛髪が成長されたと報告しています。

その後の毛髪の成長がみられた割合は半年で48%でしたが、3年で78%と経過によって毛髪の成長割合も拡大しました。

さらにフィナステリドが作用した部位は、頭頂部のみに限らず、前髪や生え際でも作用が確認されているのです。

フィナステリドの効能について

フィンペシアの主な効能については以下のように要約できます。

  • フィナステリドは、ハゲの原因DHTを抑制する。
  • フィナステリドは、プロペシアの主成分でもある。
  • 国内での臨床実験では、わずかではあるが副作用についても確認されている。
  • 副作用については、肝機能障害をもたらす可能性もある。
  • フィンペシアのコーティング材として使用されているキノリンイエローは発癌性がある。

異常がフィンペシアの効能に関する特徴です。特に最後の項目に関しては注意が必要です。このことに関しては後述します。

プロペシアとの比較

日本でも発売されているプロペシアと比較した際、やはり価格の差が一番大きいでしょう。プロペシアの値段は購入先によって異なりますが、病院などでは1箱1万前後します。

プロペシアの購入に関しては保険が利きませんので、すべて自己負担となります。

それに比べてフィンペシアの値段はプロペシアの10分の1ほどです。これはフィンペシアがプロペシアのジェネリック医薬品だからです。

成分に関してはほぼ同じです。メリットと言えば、日本では販売されていないため、個人輸入で手に入れるしかないということです。

フィンペシアの副作用について

2fad00c3409a8d2be041c46b94ab84a2_sフィナステリドの副作用は肝機能低下や違和感、性欲減退が挙げられます。これは国内での臨床実験時に確認された症状です。

しかし、前立腺治療時に比べれば、非常に軽症の副作用です。臨床実験で副作用が確認されたのは服用患者のうち6%です。この発症確率は、非常に少ないとされています。

ただし、日本では肝機能障害が起こる可能性もあるとしており、利用者に注意喚起をしています。

ちなみに、性欲減退に関して言えば、フィナステリドはテストステロン(性欲の働きを制御する成分)自体に働きかける訳ではなく、発症確率も極めて低い。

さらに、フィンペシアのみに言えることですが、錠剤のコーティング材の中にキノリンイエローという成分が入っていないかにも注意が必要です。

キノリンイエローには発癌性があると言われており、販売を禁止している地域もあります。

1日の摂取限度量が決められています

フィンペシアの服用には注意が必要です。主成分であるフィナステリドには1日の摂取限度量が定められています。

上記にも書いていますが、臨床実験での副作用などを元に、摂取制限量を決めているため、制限量以上の摂取を行えば、副作用の発症確率が高くなります。

それどころか、現在報告されていない症状が出る可能性もあるのです。

また、製品によってはフィンペシア1錠に1日の摂取限度量を超えるフィナステリドが含有されてい場合もあり、ピルカッターなどで分けて服用しなければいけません。

また、フィンンペシアはAGA患者向け、つまり男性のみが服用可能となっていますので、女性は利用できません。

近年大注目の飲む育毛薬

日本で発売されているプロペシアよりも安価なことから、近年、非常に注目を集めていますが、育毛効果に関して理解している方は少ないと思います。

薬を服用する上では成分の効能などを調べるのも重要です。

特にフィンペシアは海外からの個人輸入となるため、その作業の重要性はプロペシアよりも高いと言えます。

また、中には悪質な医薬品を売る業者もいますので、信頼できる業者から購入するようにしましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る