フィンペシアの個人輸入は違法ではありません!

フィンペシアは個人輸入で買える

フィンペシア個人輸入国内での利用者数も年々増加している育毛薬、フィンペシア。購入するには、今のところ個人輸入を行うしか方法はありません。

すでに利用したことがある方は分かるかもしれませんが、初めて聞く方は、「輸入」というだけで何か大掛かりなイメージを持つのではないでしょうか。

個人輸入と海外通販目的は一緒ですが、具体的に何が違うのでしょうか?

個人輸入とは

個人輸入とは、個人で使用することを目的に外国製品を購入することです。ネット通販と異なるのは、また購入先は海外の通信販売やメーカーなどから直接購入する点でしょう。

さらに個人輸入には2通りの方法があります。

  1. ご自身で、海外の通信販売会社、メーカーなどから直接購入する方法
  2. 国内に存在する輸入代行業者に依頼して、間接的に購入する方法

一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。
当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

  • 外用剤(毒薬、劇薬及び処方箋薬を除く。):標準サイズで1品目24個以内
  • 毒薬、劇薬又は処方箋薬:用法用量からみて1ヶ月分以内
  • 上記以外の医薬品・医薬部外品:用法用量からみて2ヶ月分以内

引用元:厚生労働省 – 医薬品等の個人輸入について

フィンペシアを利用する際は、必ずどちらかの方法になります。ちなみに、現在フィンペシア利用者の大半は後者の代行業者を利用しています。

これは様々な面で、代行業者を利用する方がメリットが多いと言えるためです。

 

代行業者を利用してフィンペシアを購入しよう

先に書いた通り、個人輸入をおこなうのであれば、代行業者を利用するべきでしょう。これにはいくつかメリットがあるからです。

比較的簡単に購入できる

まず、代行業者を利用する事で、簡単に購入できるという点です。業者に依頼(注文)すれば、支払いを済ませて到着を待つだけでいいのです。
海外の業者などと連絡を取るなどの作業をせずに済みます。

利用者自身が海外の通販会社やメーカーから取り寄せる場合、は商品の到着先や代金の支払いを自分自身で行わなければなりません。
また、海外の業者に入金するのは、国内での振り込みとは違って手間がかかります。

 

医薬品の品質検査

次に輸入する商品が正規のもかどうか、有害な成分が入っていないかというのもフィンペシアを利用する上では非常に重要です。
このことについては、事項で詳述しますが、利用者個人では容易に検査できません。できたとしてもその費用と手間もかかるため、効率がいいとは言えません。

 

個人情報の扱い

代行業者に注文した場合、購入の一切を業者が行ってくれます。海外の業者に住所などの個人情報が渡ることはありませんので、漏洩に関する心配が不要です。
個人で輸入する場合には、上記のようには行きません。氏名を始め、連絡先、住所などの情報を伝える必要があるためです。

 

個人輸入の手順

ここでは、代行業者を利用した場合の手順を記します。

実際にフィンペシアを利用するとしましょう。そのためにまず最初に利用者が行わなければならないことは、代行業者を決めるという事です。

この作業が一番重要です。中には「代行業者なんて、どこでもいいのではないか?」と思う方も居るかもしれませんが、ここでの作業を怠れば、フィンペシアの効果を得られないと言っても過言ではありません。

 

悪質な代行業者を選ばない

現在、日本国内には多くの個人輸入代行業者が存在します。その中には悪質な業者が存在するということを頭に入れておいてください。
というのも、世界に流通している医薬品の一部は偽物なのです。この事に関しては、WHOも認めており、注意を促しています。

そのため、利用者がフィンペシアだと思い購入した医薬品がまったくの偽物で、お金をだまし取られるケースもあるのです。

ただし、この点に関しては、以前に利用した人の評価などを参考にすれば比較的簡単に選別できます。

 

医薬品の成分検査

dl8765893次に注意をしなければならないのは、代行業者は悪質ではなくても、海外の輸入元が悪質な場合があります。
これは利用者個人で選別できません。そこで、重要になってくるのが、代行業者が医薬品などの成分検査を行っているかどうかです。

代行業者が、仕入れた医薬品が偽物や悪質なものではないか検査し、その成分結果をHPなどの公表している場合があります。

そのような代行業者であれば信用できるでしょう。検査は利用者個人が容易に行える物ではないので、非常に親切であると言えます。

 

キノリンイエローに要注意

さらに、成分検査にはもう一つ重要な確認事項があります。それはフィンペシアのコーティング材に「キノリンイエロー」を含有しているかという点です。
現在、キノリンイエローには発癌性があるとされており、一部地域では販売禁止にしている所もあるのです。

この点を確認するためにも成分検査を行っている代行業者を選ぶようにしましょう。

代行業者を選ぶことができれば、後はネット通販などと同手順です。ほとんどの代行業者が先払いでの購入をされているので、銀行振込やクレジットカードで支払います。後はフィンペシアが到着するまで待つだけです。

個人輸入にはトラブルの可能性もあります

フィンペシアを利用することは違法ではありません。ただし、日本では販売されていないため、利用に関しては個人責任が発生します。
また、近年個人輸入を行う方が増えていますが、個人輸入に関してトラブルがない訳ではありません。
ですので、行動に移す前に個人輸入・フィンペシアについてしっかりと確認・理解しましょう。

 

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

 

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る