花粉症とフィンペシア

花粉症とフィンペシアは併用しても大丈夫なの?

フィンペシアの主成分であるフィナステリドは、育毛に関して高い効果を得られると言われていますが、その分副作用についても理解しておかなければなりません。

今のところ、大きな副作用が起こったなどの報告はありませんが、他の薬と併用する場合はどうでしょう。

特に、現代の日本人に多い花粉症薬とフィンペシアは併用しても大丈夫なのでしょうか?

フィンペシアは花粉薬と併用できる

59df4bdd839f61cd6c4c4c87776648ff_s現時点で、併用での相互作用については確認されておらず、フィナステリドと花粉症の薬を併用することは可能とされています。

花粉症薬は日本全国で取り扱われているので、飲み合わせなどについてすぐに調べることができます。

しかし、フィナステリドは日本で販売・処方されていないため、一般の方では調べることが難しいでしょう。

そのため、飲み合わせについては医師に聞くことをお勧めします。この方法が一番早く、一番正確です。

上記の通り、花粉症薬との併用は可能ですが、少しでも不安な場合は医師に聞きましょう。脱毛についての薬なので、聞く事が恥ずかしいかもしれません。

しかし、身体よりも大事な物はありませんので、しっかりと聞くようにしましょう。

現在、併用しての相互作用は確認されていません

フィンペシアは、様々な薬と併用されることが多いようです。特に、塗るタイプのAGA治療薬・ミノキシジルとは併用されることが多いですが、ミノキシジルとの相互作用について報告はされていません。

それどころか、併用を強く薦める場合があります。その他にもリジンやバイアグラとの併用についての相談数も多いようですが、相互作用はないとされています。現在のとこと、フィナステリドとの併用を禁止する薬は指定されていません。

しかし、理解していただきたいのは、フィンペシアの利用は個人の判断で行っているということです。日本では医師から処方される訳ではありません。

そのため、フィンペシアの利用は使用者個人の判断になります。もし、相互作用が出たとしても保障してくれる機関はありません。その点を理解した上で使用・併用するかどうかの判断をしましょう。

花粉症でもフィンペシアは使える?

年々増加傾向にある花粉症。中には花粉症薬とフィンペシアを併用したいと考える方もいるでしょう。その場合、以下の点を参考にしてください。

フィンペシアの添付情報に相互作用に関しての確認はされていない。
現在のところ、フィンペシアの主成分・フィナステリドとの併用を禁止する薬はない。
あくまでも使用・併用については個人の責任となる。
どうしても不安な場合は、医師に相談する。

特に下2つは重要な要素であると言えるでしょう。

花粉症薬以外の薬との併用

育毛に関しては、フィンペシアだけを服用しても効果を得られない事もあります。そのような場合にミノキシジルを薦めることがあります。

フィナステリドとミノキシジルはお互いの欠点を補いあい理想的な併用とされています。

この事については、アメリカ医薬品局や日本皮膚科学会でも併用することが効果的だと公表しています。

花粉症薬を漢方薬に変える

dl70902花粉症薬との併用が気になる方は、花粉症薬を西洋薬ではなく、身体の症状を改善する漢方薬にかえてみるのも一つの手段です。

症状に対して処方する西洋薬は効果が速く、症状の改善を早めてくれますが、その分副作用があります。

それに比べ、漢方薬は効果を得るのに時間が掛かりますが、副作用の心配はほとんどないとされています。

それは患者の体質などを見ながら処方するからです。

また、症状を止めるのではなく、体質改善を目的としているため、長い目で見れば、漢方薬の方が効果的とも言えます。

使用・併用に関して覚えておいてほしい事

すでに述べましたが、現在のところフィナステリドとの併用禁止薬はありません。しかし、禁止薬がないからといって、ご自身で併用した時に相互作用が全くないとは言い切れません。

これは個人によって効果が違うように、相互作用にかんしても絶対とは言い切れません。プロペシアは日本でも販売・処方されていますが、フィンペシアは個人輸入ですので、責任は常に個人にあります。

その点を忘れないようにしてください。

少しでも不安な点や疑問点があれば、医師に相談して使用・併用できるかを確認しましょう。

使用・併用はあくまでも個人責任になります。

今回は、フィンペシアと花粉症薬の併用について紹介しましたが、これを読んでいる方の中には、それ以外の薬と併用される方もいることでしょう。

中には3種類以上の薬を併用される方もいるかもしれません。

重要なことなので、何度も言いますが、使用・併用は個人の責任となります。分からないまま使用して、自分の体に重篤な問題が出てしまうことのないように、医師に相談して確認を取ることを強くお勧めします。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る