フィンペシアは育毛効果が高い「飲む時間帯」があります

髪の成長時間帯に合わせて服用しよう

フィンペシアは毎回同じ時間に服用しよう
服用は、髪が成長する時間に合わせるのがいいでしょう。
薬の効果が得られる時間=作用時間は成分などによって異なります。
服用してから6時間ほど、長いものでは半日ほど持続するものもあります。

つまり、薬の作用時間と、髪の成長する時間帯を合わせることで、薬の持つ効果を最大限に活かせるのです。
髪の成長する時間帯は、一般的に夜と言われており、午後10時ごろから午前2時ごろまでが一番の成長時間帯とされています。
これは副交感神経の活発化が要因で、成長ホルモンが分泌されやすいためです。

以上のことから薬を服用するには、食後の午後8時から9時ごろがベストと言えます。

フィンペシアの服用は髪の成長に合わせて夜服用しましょう

これには以下の理由が挙げられます。

  1. 薬の効能を最大限活かすには髪の成長時間帯と合わせること。
  2. 髪の成長時間帯は夜。特に午後11時〜午前2時ごろ。
  3. 夜はお風呂に入るので、髪が一番清潔な状態である。

中には、フィンペシアの服用に関して時間帯は関係ないとも言われていますが、あくまでも少数派意見です。
服用者の多くが夜に飲んでおり、実際に効果を得ています。

しかし、飲んだからすぐに効果を得ることは少ないようです。

継続的に飲むことで効果を得ます。髪は一ヶ月に1、2センチしか伸びませんので、実感を得るまでには数ヶ月の服用が必要不可欠なのです。

副作用についても理解してください

フィンペシアは、高い効果を得られるとされています。
そのため、副作用についてもしっかりと理解した上で服用するようにしましょう。

フィンペシアの主成分である「フィナステリド」は、ホルモンへ働きかける作用があるため、身体全体に副作用の可能性があります。
特に肝機能に障害が起こりうるとされており、2007年に日本の萬有製薬が報告しています。このことから、元々肝機能に障害がある方には服用を禁止しています。

その他にも、性機能への障害もあるなどと言われています。ただし、性機能に対する副作用の報告数自体は少ないです。
これは、日本国内で行われた臨床試験でデータが出ており、性欲減退や胃の違和感などは服用者の数%にとどまっています。

 

フィンペシアは個人輸入代行を使用して購入

フィンペシアを入手するには、今のところ個人輸入しかありません。
個人輸入というと費用が高くつくイメージがありますか?
今は個人輸入代行サービスがありますので、安く購入することができます。

フィンペシア自体はプロペシアのジェネリックなので、個人輸入でも安く収まることが多いようです。

また、中にはフィナステリドを2mg以上含有しているものもあり、このような場合は、2つに分割して服用してください。

 

フィンペシアはAGAの方向け

finpeciaフィンペシアはAGA向けの医薬品です。
AGAとは男性型脱毛症という意味ですので、女性への使用は薦めていません。

また、男性でも未成年や肝機能が弱いもしくは障害がある方への服用も禁忌されています。

これはホルモンへの働きが関係しているためです。
特に副作用の心配があるので、男性の方でも使用中に違和感などを抱いたら、すぐにお医者さんに相談するようにしましょう。

 

服用についてはいろいろな意見が飛び交っている

 

フィンペシアを手に入れたら、まず用法を調べるべきです。

これは他のどの薬にも当てはまることで、薬の効果を最大限発揮させるためには非常に大事なことです。

それでは、飲む時間帯についてですが、正直なところ様々な意見があります。
実際に薬を飲んでいる人の中でも、朝に服用する人、夜に服用する人と分かれています。
さらには1日の分量を半分に分けて朝、夜の2回に分けて服用する人もいます。

しかし、飲む時間帯に関しては夜の方が効果的でしょう。
これは髪が成長する時間帯と深く関わっています。

 

フィンペシアの過剰服用は禁止です

日本で育毛と言えば、直接髪に塗って使用するものが主流ですが、フィンペシアは世界約60ヶ国で使用されています。

内服薬なので、人によってはより効果を得ることができるでしょう。
ただし、効果を得られないからといって過剰服用しないように気を付けてください。
過剰服用は効能を得られない場合があります。その上、身体を壊してしまう可能性もあります。

そうなってしまえば、育毛どころではありません。

薬に関してはすべてに言えますが、用法・用量を正しく守って服用するようにしましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る