フィンペシアを製造しているメーカーの信頼度

フィンペシアを作るメーカーは信頼できるか

8a42ddc0df5e038fc27832d73b751e53_s育毛に効果をもたらす、フィンペシアは日本で取扱いの認可を受けている薬剤ではないにもかかわらず、日本の薄毛に悩む方々からの話題を呼んでいます。

それは、日本国内で購入したのではなく個人輸入という形でそれぞれの方が手にしているためです。

個人輸入というくらいですから、フィンペシアは海外で製造されている製品であることがわかりますが、海外の育毛製品というと何となく不安がよぎってしまう方も少なくないでしょう。

では、フィンペシアを製造しているメーカーは怪しいところなのでしょうか?

インド有数の製薬会社

フィンペシアを製造・販売している製薬会社は、意外にもインドに存在します。シプラ社という名称のその会社は、インド国内では有数の大手製薬会社であり、フィンペシアの他にも多数の医薬品の製造・販売を担っています。

ここで、インド国内ではクオリティが高い製品を提供しているかもしれないが、それを日本基準に当てはめてみると品質は保証できないのではと勘繰る方もおられるかもしれません。

しかし、近年産業全体のクオリティアップが図られ、経済的にも成長著しいインドにおいては、製薬技術も他の先進国に引けを取りません。

日本国内でも有名

インド・シプラ社の名前は、医薬品の個人輸入を行っている日本の方々にもそれなりに知れ渡っており、有名な会社でもあります。

それは、日本人が個人輸入で購入しても問題がない高品質の薬剤を提供しているためと取ることもでき、品質にうるさい日本人からも一目置かれていると考えられるのです。

インドという国に対する先入観から入ると疑念を持ってしまいがちですが、前述のとおりインドの産業全体が底上げされており、さらにその中でも有数の製薬会社であることから、品質に関して特に問題があるというわけではないのです。

シプラ社が支持を得るわけ

シプラ社が製造・販売する医薬品はどれも信頼が置ける安全性の高いものであるというのが一般的な認識です。

シプラ社が販売するフィンペシアを購入した方の中には、フィンペシアの品質がよかったため同社が製造・販売する他の医薬品も買ってみたという方も多くおられます。

ではその理由を見ていきます。

フィンペシアが作られた経緯

インド・シプラ社で製造された医薬品のクオリティについて、まずフィンペシアの例から挙げていきます。

フィンペシアとは、大まかに言うと既にあるフィナステリド製剤・プロペシアの成分配合や製法をもとに作られたものです。

しかし、プロペシアはアメリカの製薬会社・メルク社が初めて開発に成功した医薬品であり、その特許権はまだきれていないはずです。

では、なぜシプラ社がそれを作ることができているかというと、正確にはできているのではなくやっているといった方が正しくなります。

つまり、特許に関する権利にかかわらず製造を行っているというだけの話なのです。

なぜそれが可能か

これも正確には可能というわけではありません。ただ、インドでは特許を取得している権利といった縛りに対して、あまり浸透していないという背景があると言われています。

インドにおいては特許に関する法律が根本から欧米と異なっており、特許権がインド国内で適用されないものに関しては、続々と後発の製品を製造・販売することが日常となっているのです。

そのため、狭義におういては特許が切れた後の医薬品を後発として販売するというジェネリック医薬品を、それぞれの特許権にかかわらず製造することが違法にならないのです。

シプラ社製品の安全性

phm06_0219-sインドの製薬技術に関しては他に引けを取らないまでに成長していますが、こと開発においては特に伸びを見せているわけではありません。

そういった点も踏まえて、シプラ社の医薬品が安全であると言われる理由を下記に挙げます。

  • 広義のジェネリック医薬品の製造に長けている
    前述のとおり、インドでは特許が適用されない各種製品に関して、同様の仕様のものをこぞって製造・販売することをとがめられていません。
    それは医薬品に関しても同じことで、特許切れの先薬をもとにしたという狭義のジェネリックではなく、単に特許権にかかわらず先薬をもとに作られた広義のジェネリックはインドでは非常に大量に製造されています。その技術に特に長けているのがシプラ社であり、そのためにインド国内外から支持を得ているといえます。
  • もともと品質が高い医薬品の後発を作る
    インド国内でも、わざわざ海外の質の低い製品を後発品として製造することは無益なことは変わりありません。
    広義のジェネリック医薬品として後発品を複数のメーカーで量産する場合も、もとにするのは海外の高品質な製品であるわけです。
    フィンペシアに関しても同様で、もともとアメリカ・メルク社製品であるプロペシアはその品質の高さと安全性から、高い信頼を得ているものです。
    そのために、実際に日本でも認可されている製品でもあるのです。こうした製品をもとにほぼ同じものを作るわけですから、後発品もその品質を保ったものとなるわけです。
  • 需要が高い
    このように、比較的高品質でしかも後発品ならではの安価な価格で提供できるインド製の広義でのジェネリック医薬品は、実はたくさんの国々から必要とされています。
    特に、貧困層が多いアフリカなどの国では、疾患にかかった場合も薬自体が高くて手の施しようがなかったところを、かなり安価なインド製の後発医薬品によって救うことができているという現状があります。そのため、インド製の後発医薬品は減少することなく製造され続け、また低価格・高品質を守っていくことが求められるのです。

信頼のインド製後発医薬品

このような理由で、インド・シプラ社の後発医薬品は日本国内でも高い支持を得ています。

特許の面で見るとグレーな一面もありますが、実際はどの国においてもその現状を罰する規定はないことになるのです。

今後の取り締まりいかんで状況が変わることはあれど、現状では個人輸入で購入して効果を実感することができる医薬品がフィンペシアです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る