フィンペシアはどこで購入すべき?

日本で販売していないフィンペシア、どこで購入すべき?

フィンペシアは輸入代行業者に頼むのが一番
フィンペシアは、日本で唯一医師の監修のもと処方されるフィナステリド製剤です。

プロペシアと違って日本では認可されていない薬剤であるため、簡単に日本の薬局や薬店、ドラッグストアで手にできるものではありません。

薬事法に定められているものでフィナステリド製剤の薄毛治療薬はプロペシアのみということになります。

しかし、育毛に効く薬剤としてはフィンペシアの名はメジャーでもあり、育毛を目指して何らかの対策を採りたいと考えておられる方の情報網では知らない方はいないほどの知名度を誇っています。

利用されている方は、個人輸入、もしくは輸入代行業者に依頼をしているのです。

ジェネリック育毛剤を個人で買うのは違法?

私たちが通常医薬品を服用するためには、医療機関での診察を受けて、医師の判断や監修があるという前提のもとで処方されるか、もしくは一般の販売店で購入するかのいずれかの方法がすぐに思いつきます。

こうした方法で手に入る医薬品は、もちろん厚生労働省が正式に認可を行った製品のみとなり、それ以外のものを販売してしまった場合には処罰が科せられることとなります。

では、認可されていない薬剤を購入することは全くできないのかというと、そういうわけでもありせん。

どこで購入するか

imasia_9075430_M

日本の厚生労働省で認可が下りていない薬剤に関しては、店舗などが営利目的で販売することは禁止されています。

ですが、実は個人単位でのやりとりなら、日本無認可の薬剤でも手に入れることが可能とされています。

一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。

当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

  • 外用剤(毒薬、劇薬及び処方箋薬を除く。):標準サイズで1品目24個以内
  • 毒薬、劇薬又は処方箋薬:用法用量からみて1ヶ月分以内
  • 上記以外の医薬品・医薬部外品:用法用量からみて2ヶ月分以内

引用元:厚生労働省 – 医薬品等の個人輸入について

例えば、個人的に海外の製薬メーカーや海外の通販サイトに自らアクセスして、個人利用の目的のもとに購入し、日本に届けてもらうことは特に禁止されていません。

フィンペシアをどこで購入するかと言うと、海外通販サイトや、個人での購入をサポートしてくれる個人輸入代行業者といったところになります。

購入方法

フィンペシアの購入方法は、個人輸入代行業者への依頼や海外通販サイトへの注文の2ルートとなりますから、形式としては通販が基本となります。

インターネットの恩恵を受けることができるので、個人でもこうした海外の薬剤を手に入れやすくなっています。

薬事法を確認してみる

薬事法に定められている医薬品の輸入についての内容を、主に個人輸入に関連する項目で大まかに見ていくと、下記のようになります。

  • 基本的に輸入は厚生労働大臣の許可が必要
    これは、企業や販売店などが営利目的で不特定多数に薬剤を販売する際に、輸入品に関しては厚生労働大臣への申請、さらに許可があって初めて成立するものとされています。つまり、許可が下りなければ日本国内で販売することも持ちこむことも、基本的には禁止されているわけです。
  • 個人輸入に関しては個人の利用であることの証明が必要
    一般的には薬剤の個人輸入に関しても、営利目的もしくは他人への販売・譲渡目的ではないことを厚生労働省に証明する必要があります。
  • ただし、特例がある
    各種薬剤の中でも、特例として税関で確認が取れたものに関しては、決められた個数、また量の範囲内においては証明を出すことなく個人輸入が可能です。その範囲の例としては、外用薬や化粧品では標準を脱しない容量で1品目につき24個以内。
    処方箋薬または劇薬などは1ヶ月分相当の量以内、その他の医薬品や医薬部外品については2ヶ月分相当以内とされています。
薬事法から見てフィンペシアは

上記のような薬事法の取り決めを参照したときに、フィンペシアはどこに該当するかというと、処方箋薬の分類と考えられます。

つまり、一度の個人輸入による購入では1ヵ月分を手にすることが可能であり、1日1錠を目安にすれば、1ヵ月30日換算で30錠までを購入できることになります。

購入するにはどこ

では、フィンペシアはどこで購入すればよいかという話ですが、前述のとおり海外から直接買い付けるなら海外の通販サイト、日本の業者を介するなら個人輸入代行サイトとなります。

海外サイトは危険というイメージがありますが、その国の言語を理解し、サイトに記載されている内容を熟知できるようであれば、個人の判断のもとに是非を決めてもよいでしょう。

外国語が苦手という方は、日本国内の個人輸入代行業者に依頼するのが一番の近道です。

これらの業者はあくまで製品を販売しているのではなく、製品の輸入を仲介している代行業であることを念頭に置いておきましょう。

そのため、製品に関するトラブルなどに関しては代行業者は一切介入しないことがほとんどです。

また、製品への問い合わせも受けられない場合が大半ですので、注意して利用しましょう。

最終的には自己責任

もともと日本国内で認可されていない薬剤に関して品質も取扱いも保証が難しいものを購入しようとしているわけですから、日本国内での通販や品質保持とは勝手が違うのは当然の話です。

フィンペシアに関しては、インド・シプラ社が取り扱っているものに関しては問題はなさそうですが、まれに精巧な偽造品がまぎれていることもあります。

そういった意味も含めて購入は自己責任でお願いします。

個人輸入業者に関しては、フィンペシアを始めとした各種薬剤の取扱いに信頼がおけると名が通っている業者もありますので、そうした評判も参考にしてください。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、
業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る